×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


最終更新日:2009年10月12日

楽天ウェブサービスセンター

岡田有希子のお買い得情報           

岡田有希子の中で 今、話題のものをご紹介します。

TOPページ | 次のページ

岡田有希子 All Songs Request
価格: 2,625円 レビュー評価:4.5 レビュー数:22
彼女がデビューした頃、私は高校1年生でした。
当時の印象は単に「可愛らしい」というよりも、若いながらも誠実かつ真面目そうな女性に思えました。
それが当時のアイドルに必須の要素ではないのは明らかですが、テレビで見かける彼女の歌う姿、インタビューに答える様子などから常に感じられたものでした。
今、このCDから再生される彼女の歌声は、当時抱いていたそれらの印象を鮮やかに蘇らせてくれます。
楽曲も秀作・佳作に恵まれていますし、何よりそれらの楽曲の世界を忠実に再現しようとする彼女の姿勢そのものが、ヴォーカルから直接的に伝わってきます。それは技巧的な「歌の
メモリーズ イン スイス [DVD]
価格: 3,150円 レビュー評価:5.0 レビュー数:3
在りし日の岡田有希子に会える貴重な一枚
彼女が亡くなって21年…ファンとしては何年経っても忘れらないだけに、なかなか…受け入れられなかったものの、やっと…彼女の墓前に手を合わせられる気持ちにもなれた
個人的に特に良かった点を挙げるならば収録曲の殆どが手を加えてない為、彼女の歌唱力の高さを実感できる事だろう
この点はファンには非常に嬉しい
何年経っても彼女の笑顔は素晴らしく癒してくれるだろう…
改めて彼女の御冥福を心中より祈りたい…合掌。
続・青春歌年鑑 1984
価格: 1,980円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
演歌もあり、歌謡曲もあり、まさにこの時代を表しています。
特に、全曲、スポットライトを含めTBSの『ザ・ベストテン』で
聴いた曲ばかり。また、全曲TVで歌っているのを知っている
歌だからとっても親しみがあります。特に、ほかの音源で
なかなか聴けないのは、11かもしれませんね。実は、
シブガキ隊、唯一のオリコン1位曲なんですよ〜。

まぁ、惜しむらくは続編ゆえに完璧じゃないところでしょうが、
続編の中ではほぼパーフェクトな選曲です!

Memories of Switzerland(メモリーofスイス) [VHS]
価格: 5,712円 レビュー評価:5.0 レビュー数:2
やっぱりかわいい!かたですね。外国とか、言葉が違う国でも笑顔は最高のコミュニケーションではないでしょうか?笑顔は人生において、もっとも必要だと思わせてくれる映像でした(それが彼女からのメッセージと受け取るのは大袈裟でしょうか?)ビデオの内容は、全体的に「世界の車窓から」風のいい雰囲気どり、て感じに進行して行きます(ナレーションはありません)このほんわかした雰囲気に彼女の名曲を添えてすばらしい映像になっています。また、おとぎの国のような建物や、お花の世界は岡田有希子さんのイメージにぴったりです。
愛をください
価格: 1,365円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2
今は亡き彼女の、幼い頃から死を選ぶまでを、お母さんの手記で辿る。彼女自身の生前の直筆日記や絵画作品も多数収録されている。そういった内容をただ耳にすると、「死者をネタにしてドキュメント本を作った」かの様に感じられるかも知れないが、この本にはその様な邪悪さが一切感じられず、非常に厳粛な本に仕上がっている。精一杯生きた彼女を讃え、彼女の「死」を通して人の「生」を見つめる試みは、読者に生きる勇気を与えてくれる。切なさと、霧が晴れたような清々しさの同居する、不思議な読後感がある。「生きていくのはそれだけで大変なことだから、何か行き詰まった時に本書を役立てて欲しい」といったことを編者が記しているが、まさ
瞳はヒミツ色―あなただけにこの想い
価格: 924円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
今は亡き彼女であるが、本書からは少しも暗い影が感じられないのが救いである。「自殺したアイドル」という点を一旦完全に離れて、トップアイドルとして日本中を魅了した彼女はどういった女の子であったのかを、窺い知ることができる嬉しい本である。アイドルとしては過ぎた能力を持っていた彼女の頭の良さ、機転の利き、周囲を観察する目の鋭さ、自分を見つめる視点の謙虚さを、余すところなく記録してある。
岡田有希子―実録まんが (アイドル・コミックス)
価格: 410円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
彼女の生い立ちやデビューまでのいきさつを漫画化したものであるが、デビュー後のある一日を写真入りで追跡しているコーナーがある。
午後12時15分、所属事務所のサンミュージックを指をさして写っている写真があるが、この時間は彼女がまさに数年後自らの身を投じた時間であった事は有名な話である。
この本はなかなか市場に出回る事はないが見つけたら即購入することをおすすめします。
青春歌年鑑 1986
価格: 2,980円 レビュー評価:4.5 レビュー数:3
この中で1番好きなのは「君は1000%」ですね。オシャレでいいです。
あと「1986年のマリリン」
本田美奈子さんお亡くなりになってしまいましたね…。
ご冥福をお祈りいたします。
他にも「仮面舞踏会」「CHA-CHA-CHA」「My Revolution」「プルシアンブルーの肖像」「ガラス越しに消えた夏」「シーズン・イン・ザ・サン」「フレンズ」「RASPBERRY DREAM」「スシ食いねェ!」(ラップの元祖なのかな?)などなど名曲揃いです。
この年は結構おニャン子系が多いですね?。
歌詞が面白いですよね。じっくり聴くと
贈りものII
価格: 2,867円 レビュー評価:5.0 レビュー数:4
今年の4月にユッコのお墓に初めて行って以来、久しぶりに歌声を聴いてます。こんなに可愛くて歌も上手!本当にユッコを応援してた頃を思い出しました。
FAIRY
価格: 3,066円 レビュー評価:5.0 レビュー数:7
内容結構、地味目なんですけど・・・。
今、聴くとそれがまた、良かったりする。
個人的には、「wolking in the moonlight」がかなり好き。

なりより・・・。

ジャケットのユッコの笑顔が良い。
ヴィーナス誕生 完全復刻版
価格: 3,675円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
伝説のアイドル、岡田有希子の「ヴィーナス誕生」の完全復刻版。初版発行は1986年で、当時の価格は1500円だった。

写真、イラスト、漫画、エッセイ、レコーディングのドキュメントなど盛りだくさんの内容である。当時ファンだった方はぜひ入手して、なつかしくてほろ苦い思いに浸っていただきたい。

注目はアルバム「ヴィーナス誕生」の収録曲のイメージを有希子自身が描いたイラスト。素人の域を超えた、才能がほとばしり出るような見事な出来だ。これらのイラストを見ながら「ヴィーナス誕生」を聴くのも一興である。

有希子のレコーディング当時の写真も何点か掲載されているが、やや疲れ気味の表情が痛々しい。当時

岡田有希子はなぜ死んだか
価格: 1,029円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2
岡田有希子の最期として色々な諸説がマスコミによって報じられ大部分が、恋愛に絡めた観点で話しを進めがちだが、本書はまずその恋愛説にアンチテーゼを唱える立場で話しを進める。ただ根拠無しにその立場を取る訳ではなく、誕生→幼少時代→中学時代→デビュー→最期とかなり詳細な事実を記し、時にユッコ本人の心象風景を仮説で表現しつつ話しが進むので、意外な程彼女の性格等を含め納得ができる。

特に本書では「完璧主義者」や「繊細さ」という言葉が度々印象される。それがデビュー後の鍵になったというのは想像に難くない。最期の結末もそれらが関与したかもしれないが、これなくしてデビューも無かったし、トップアイドルにさせな

TOPページ | 次のページ

Copyright (C) 2009 岡田有希子のお買い得情報 All Rights Reserved.